グローバルメニュー

現在地
ホーム > 地域福祉 > 栃木市地域福祉活動計画

本文開始

栃木市地域福祉活動計画

 少子高齢化・核家族化の進行により、家庭や地域でお互いに助け合う支え合う機能が弱まり、様々な生活課題を抱える人が増えています。
 地域福祉とは、日常生活における「困りごと」や「心配ごと」に対し、行政・関係機関・地域に住んでいる方々などが協力して取り組んでいこうという考え方です。
 本会では、地域の助け合いによりまちづくりを推進するため、栃木市とともに行政計画である「栃木市地域福祉計画」と民間企画及び行動計画である「栃木市地域福祉活動計画」を一体的に策定しました。

「ささえあう ぬくもりあるまち あったかとちぎ」を基本理念に、次の3つの基本目標を定めました。

基本目標

  1. 福祉の心の営みと地域の担い手づくり
  2. みんなで支え合う福祉の輪づくり
  3. だれもが安心して暮らせる地域づくり

栃木市地域福祉計画・地域福祉活動計画(平成26年度~平成31年度)

クリックするとダウンロードできます。

PDFファイルの閲覧方法について

PDF形式ファイルを閲覧するには、Adobe Readerプラグイン(無償)のインストールが必要です。インストール済にも関わらずファイルが閲覧できない場合は、プラグインが古い場合があります。プラグインの最新バージョンを入手してください。

Adobe Readerをダウンロードする

本文終了

共通フッター

文字の大きさを変更
小さくする
標準にする
大きくする

背景色を変更
白に変更する
黒に変更する