グローバルメニュー

現在地
ホーム > 西方支所 > 最新情報 > 福祉教育を実施しました。 in西方小学校【その1】

本文開始

福祉教育を実施しました。 in西方小学校【その1】

6月14日(木) 10:45 


西方小学校4年生の総合的な学習の時間に


今年1回目の福祉教育を実施しました。
IMG_5649.JPG


今回は「年をとるとどうなるの??」ということを実際に体験しました。


ペアになって介助する側と介助される側に分かれての体験です。


器具の装着中・・・


暑いけど頑張って!!
IMG_5653.JPG


疑似体験セットを付けて、廊下を歩いたり、教科書をめくったり、読んでみました。


器具を付けて普段の活動をすることで、その変化と高齢者の気持ちを体験します。


体験を通して、4年生の皆さんはどんな気持ちになったか、振り返ります。
IMG_5656.JPG


西方小学校4年生の感想はこんな感じでした。


Q.体験のとき、お友達にされてうれしかったことは?

・歩いている時、階段がある所で「階段だよ~」と言ってくれたり、たまに手を貸してくれたりしてうれしかったです。


・道や階段でいろんなところにぶつからないように案内してくれた。


Q.おじいちゃん、おばあちゃんに どんなお手伝いができる?


・案内する。取りたいものを取る。やさしくする。病気をなるべくさせない。


・重たいものを持ってあげる。


・声を掛けたり支えてあげたりすること。


Q.今日の感想は?

・おもしろかったし、歩くのが大変で、こしがいたかった。あと倒れそうになったので、おじいちゃん、おばあちゃんがたいへんだというのが勉強になりました。


・今日は高れい者体験で、いつも動かしている体が思うように動かなくて大変でした。


・高れい者の気もちがよくわかったと思います。わたしには、ひいひいおばあちゃんがいるので、今日のことをいかしてあげたいです。



体験を通して、西方小の皆さんが相手のことを思いやり、大変そうなことをお手伝いしてあげること、


それがおじいちゃん、おばあちゃんにとっても嬉しいんだということを学んでくれました。


また今度は車いすを持って、西方小学校におじゃまします!!

前のページに戻る 西方支所最新情報TOP 西方支所TOP

本文終了

共通フッター

文字の大きさを変更
小さくする
標準にする
大きくする

背景色を変更
白に変更する
黒に変更する