グローバルメニュー

現在地
ホーム > 地域福祉 > 成年後見事業

本文開始

成年後見事業

該当支所 : 岩舟支所 西方支所 藤岡支所 都賀支所 大平支所 栃木本所

栃木市成年後見サポートセンター

認知症の高齢者や障がい等で、判断能力が十分でない方の権利を擁護するとともに成年後見制度の利用促進を図ることで、誰もが住み慣れた地域で自分らしく安心して暮らすことを目的とした事業を栃木市から委託を受け、平成28年5月20日、「栃木市成年後見サポートセンター」を開設しました。

サービスの内容

相談(専門の職員(社会福祉士等)による相談窓口の設置)

成年後見制度について、詳しく知りたい等、相談、助言、情報提供を行います。

こんなときに

  • 成年後見制度ってどんな時に使うんだろう。
  • 成年後見制度を使いたいけど、どのような手続きをすればよいか分からない。
  • 成年後見人って誰でもなれるのかな。
  • 認知症の高齢者や障がい等で、訪問販売や悪徳商法の被害に遭っているようだ。
  • 親が亡き後、障がいのある子どもの生活が不安である。  など

広報啓発

研修会や出前講座を開催することにより、成年後見制度の啓発を図ります。また、後見業務の新たな担い手である「市民後見人」の啓発等の講座を開催します。

資料

クリックするとダウンロードできます。

PDFファイルの閲覧方法について

PDF形式ファイルを閲覧するには、Adobe Readerプラグイン(無償)のインストールが必要です。
インストール済にも関わらずファイルが閲覧できない場合は、プラグインが古い場合があります。プラグインの最新バージョンを入手してください。

Adobe Readerをダウンロードする

法人後見事業

認知症の高齢者や障がい等で、判断能力が不十分なため意思決定が困難な方に法人後見を活用し、財産管理や身上監護を提供することにより権利を擁護します。

親族や専門職(弁護士、司法書士、社会福祉士など)による後見人等が得られにくい方に対し、家庭裁判所の審判を経て、栃木市社会福祉協議会が法人として後見人等をお受けいたします。

成年後見制度ってなあに?

認知症の高齢者や障がい等で、ものごとの判断能力に欠けたり不足したりする方が、ご自身のさまざまな契約や財産管理等をするときに不利益を生じることがないよう、ご本人を守り、支援する人を設ける制度です。この支援してくれる人を「後見人」等と言います。

主な後見人等の役割

財産管理(本人の財産を適正に管理することです)

  • 生活費の管理
  • 年金等給付金の請求・受取り
  • 預貯金の出し入れ
  • 保険料の出し入れ
  • 地代、家賃の支払い・受取り
  • 遺産分割協議
  • 賃貸借契約
  • 本人が不利益に契約を結んでしまった場合の取り消し    など

身上監護(本人が適切に生活できるように、福祉サービスや病院などの「身の上」の手続きをすることです)

  • 日常生活の見守り
  • 入院等に関する手続き・支払い
  • 介護や福祉のサービス利用の手続き・契約
  • 本人の居住の確保に関する契約の手続き・締結・費用の支払い
  • 要介護認定の申請や意義申し立て
  • ケアプランに対する同意
  • 訪問などにより本人の状況に変更がないかを見守り    など

後見人等でもできないこと

  • 医療行為に対する決定及び同意(生命、身体に危険を及ぼす可能性のある検査、治療行為などいい、与薬、注射、輸血、放射線治療、手術など)
  • 医療機関や介護施設等において自傷他害行為を防ぐため本人の身体を拘束すること
  • 身元引受人、身元保証人になること
  • 掃除、洗濯、掃除などの家事援助に関する行為や、食事の摂取、着替え、排泄などの身体介護に関する行為
  • 結婚や離婚、養子縁組などの身分行為に関する代理や取消し
  • 本人の財産の贈与、寄付、流用、借用、投資    など

お問い合わせ

所在地 〒328-0027 栃木県栃木市今泉町2-1-40(栃木市栃木保健福祉センター内)
電話番号 0282-22-4501(相談専用電話)
FAX番号 0282-22-4467
地域アイコンについて

地域アイコン 等のアイコンは各事業・サービスの該当支所(受付支所)を表しています。お問い合わせ・お申し込み等は該当支所までご連絡ください。ご希望の事業・サービス欄にお近くの支所名が記載されていない場合でもサービスのご利用は可能です。まずはお気軽にお問い合わせください。
※ 利用の可否は事業によります。ご了承ください。

本文終了

共通フッター

文字の大きさを変更
小さくする
標準にする
大きくする

背景色を変更
白に変更する
黒に変更する